So-net無料ブログ作成
クラシックギター ブログトップ
前の10件 | -

ギターコンサート [クラシックギター]

ギターは演奏者の心が聴く人の心に直接伝わると言われています。
音量が小さいギターは大ホールではその魅力を十分に感じることが困難な場合があります。
もし小さなサロンで少人数で聴くとしたら、ギター以上に多彩な音色、表現を持つ楽器はないのではないかと思います。

11月17日(日)に開催された松澤結子コンサート、細谷寛子ミニコンサートのパンフレットに載っていた文言です。全くその通りでなるほどと思います。松澤結子さんの演奏を聴くのはこれで2回目になります。
経歴は小原聖子さん門下生、第27回スペインギター音楽コンクール第4位、40回神奈川新人ギタリストオーディション主席合格など実力派です。

IMG_3731.jpg

続きを読む


nice!(32) 
共通テーマ:日記・雑感

ひたちなかGMフェスティヴァル [クラシックギター]

今日22日は即位礼正殿の儀でお休みです。正しくは国民の祝日で官報に載ります。
遠くからいつも見るカレンダーは赤字でないし、その日は孫の保育園が休みで、また近所に住む息子が休みで家の芝張りを頼まれていた訳です。雨で出来ませんが。毎日が日曜日、うかつでした。
10月19日の土曜日
茨城県内のギターおよびマンドリン合奏団体による演奏会があり参加してきました。
会場はひたちなか文化会館小ホール、13時30分開演ですが一日掛かりのイベントです。
写真は休憩をはさんで後半最初の演奏、ラ・ジュネスマンドリンクラブの演奏です。
総勢30数名の演奏で曲目は、別れの曲(ショパン)、劇的序楽「細川ガラシャ」(鈴木静一)です。
フルートとコントラバスも加わり、マンドリン合奏でもオーケストラという雰囲気です。
私を含め主催者側の水戸ギターアンサンブルの面々はステージ関係の椅子、譜面台、足台などの準備があり、忙しく立ち回りましたよ。これはリハーサル時の写真になります。

IMG_3566.jpg

続きを読む


nice!(33) 
共通テーマ:日記・雑感

ギター演奏を聴いてきました [クラシックギター]

9月14日土曜日の午前中、ジェヴェルニーサロンというギター演奏会に行ってきました。
その日は朝早くに水戸卸売市場へ買い出し、午後にギター個人レッスンがあります。
今まで演奏会や発表会などイベントが盛沢山でしたが、記事にするのが約1年ぶりなのです。
主催者のK氏のプレリュードとクーナ(モンボウ)、ボヘミアンラプソディー、いつも上手いですね。
いつもお招きいただきまして、感謝、感謝です。
先日、15周年記念コンサートが開催されて少しはお手伝いしましたよ。

IMG_3465.jpg

続きを読む


nice!(43) 
共通テーマ:日記・雑感

タレガの練習 [クラシックギター]

久しぶりにクラシックギターの記事になります。
タレガと言えば「アランブラの思い出」のトレモロ奏法でしょう。引き波、押し波のように聴こえてきます。
フランシスコ・タレガ(タルレガ又はターレガ)はスペイン出身の作曲家、ギター奏者です。
私の知る限りでは、19世紀ロマン派にスペイン民族音楽を融合させ、伴奏楽器を独奏ギターとして確立させた人物です。タレガなくしてクラシックギターの進歩はあり得なかったでしょうね。
レッスン曲集には、Pavana、Mazurka、Maria、Marieta、Tango、Capricho Arabeが載っています。
アランブラの思い出は既にレッスン済です。トレモロを弾けたからと言ってギターが上手くなったとは言えませんからね。
弾きたい曲を自分で選び、レッスンに望みます。練習したのはマリア、マリエッタ、タンゴ、現在進行形はアラビア風奇想曲です。マズルカなんかは難しくて弾けませんよ。
写真にあるタレガの右手は、若いころ60~70年代に習った弦に垂直な手首を曲げた構えです。
今はアルアイレ奏法が主流なのでこの構えはあまり見かけません。発表会なんかではたまに見かけますよ。
昔齧って40年振りにギターを弾いてみようかという方です。

タレガ.jpg 

続きを読む


nice!(36) 
共通テーマ:日記・雑感

マリエッタ [クラシックギター]

タレガはギターを奏でる人であれば誰もが知っているスペインの作曲家、ギター奏者。
ロマン派音楽にスペインの民族音楽を加え、近代奏法によりギターを独奏楽器として確立させました。
ネットでタレガを検索(bing)すると曲名が出てきます。
アルハンブラの思い出、アラビア風奇想曲、グラン・ホタのほか、
人の名前のマリア、マリエッタも出てきます。マリアは幼く亡くした愛娘の名前、マリエッタは愛称なのだそうです。このマリエッタはマズルカという四分の三のリズムでゆっくりとした曲になります。
マズルカの曲はアデリータ、マズルカ、夢なども有名です。
youtubeでいろいろなマリエッタを聴きましたが、田部井先生の演奏は上手いですね。
当然ながらこのようには到底弾けません。

続きを読む


nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今日はこの曲を弾いてきます [クラシックギター]

アルベルト作曲、ソナタ第1番 第1楽章です。
同じような名前のピアノソナタ第1番はベートーベンやモーツァルトが有名です。
ギターソナタ第1番はいわゆるソナタ形式で書かれていて第1楽章から3楽章まであります。この曲はyoutubeで探しても演奏者が一人しかいなくほとんど聴かない曲です。たまたまレッスンのカリキュラムに入っていたので演奏会で弾くことにしました。こんなに速く弾けないのでもう少し遅く弾きます。
第1楽章は力強く活発に演奏するので多少の間違いは気にしません。止まらなければ良しとしましょう。
中村先生の新春コンサートの愛好家の演奏として参加します。

続きを読む


nice!(50)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

24日はギターアンサンブル発表会 [クラシックギター]

9月24日(月)の振替休日に、通っている水戸ギターアンサンブルの発表会があります。
全体合奏のほかシニアによる小合奏も4月から月2回のペースで練習を行い、先日は本番会場でゲネプロ(通しリハーサル)も行いました。これで大丈夫かと思われるでしょうが、そうでもありません。
本番では何が起きるか分かりません。
合奏のほか、二重奏や独奏、音楽科在学中のゲスト演奏もあります。
会場はひたちなか市文化会館小ホール、13時30分開場、14時開演です。

img005.jpg

続きを読む


nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

発表会の選曲 [クラシックギター]

お久しぶりです。
通っているギター教室の発表会が年1回の4月初旬にあります。一ヶ月前なので数少ない弾ける曲から選曲しましたよ。ドイツ出身の1800年代前半のロマン派、作曲家・ピアニストであるメンデルスゾーン、無言歌集から「ベニスの舟歌op19-6」を演奏しようかと考えています。そもそもはピアノ曲ですがギターに編曲したものです。アルハンブラ宮殿の思い出で有名なタレガも編曲していますが難しいのでこちらは弾くことができません。3月は個人レッスン3回、小合奏2回、アンサンブル2回、マスタークラス聴講、愛好家の演奏会と繁忙な月です。そろそろジャガイモも植えないとね。

Mendelssohn Bartholdy

続きを読む


nice!(29) 
共通テーマ:日記・雑感

ギター弦の交換 [クラシックギター]

専ら使っているのはアメリカのD'Addario(ダダリオ)製Pro-Arte(プロアルテ)のEJ45-3Dです。
テンションはノーマル、ほかにライトとハードもあります。
簡単に言えば安価な弦、安物ではありませんよ。現代ギター社から通販で購入しています。
聞いた話によると、ナイロン弦は日本製の釣り糸を輸入加工し販売しているらしいですよ。
今年も13日から個人レッスンが、小合奏は17日から始まります。
少しずつ練習しないとね。

IMG_1547.jpg

続きを読む


nice!(33) 
共通テーマ:日記・雑感

ギター・マンドリンアンサンブル [クラシックギター]

28日の土曜日は第2回ひたちなかギター合奏フェスティヴァルがあり組織の一員として参加しました。
これで2回目で隔年に開催しています。
主催者側の一員として演奏のみならず、リハーサル室のテーブルや椅子の準備など会場設営も行います。
とりわけ壇上の椅子、譜面台、足台の用意は参加人数がバラバラなので担当者は大変だったでしょう。
9時集合、ゲネプロ(通しリハーサル)から始まり、まる一日掛かる行事でした。
開場13時、開演13時30分、本番開始です。

img058.jpg

続きを読む


nice!(37) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - クラシックギター ブログトップ